基本
  • ビデオの撮影
  • 写真の撮影
  • タイムラプスの撮影
詳しく見る
  • HERO モード + 360 度モード
  • 撮影モード
  • QuikCapture
  • ボイスコントロール
  • 撮影の装備
  • メディアの確認
  • 画面上のショートカット
  • カメラの更新
  • メンテナンス
  • アプリ
  • GoPro サブスクリプション
詳細については、ユーザーマニュアルをご覧ください。 gopro.com/help.
基本
ビデオの撮影

1)

2)

3)

4)

写真の撮影

1)

2)

3)

タイムラプスの撮影

1)

2)

3)

4)

詳しく見る
HERO モード + 360 度モード

MAX (マックス) では、従来の HERO スタイルのビデオと写真の撮影や、臨場感あふれる 360 度映像の撮影ができます。撮影画面の左下にある「HERO モード/360 度モードの選択」をタップするだけです。

 

HERO モード

HERO モード では、前面レンズ (タッチスクリーン側ではない) または背面レンズ (タッチスクリーン側) を使用して、通常のビデオや写真を撮影できます。

 

をタップすると、レンズが切り替わります。

 

 

360 度モード

360 度モード を使用すると、素晴らしい 360 度映像を撮影できます。このモードでは周囲のすべてを撮影できますが、タッチ スクリーンに表示するビューを選択できます。

 

前面レンズまたは背面レンズのビューを選択するには、 をタップします。

撮影モード
QuikCapture

QuikCapture を使用すると、ボタンを押すだけでカメラの電源が入って撮影が開始されます。

 

 

ビデオの撮影

1)

2)

3)

 

 

タイムラプスの撮影

1)

2)

3)

ボイスコントロール
撮影の装備
メディアの確認

上にスワイプすると、最後に撮影した写真またはビデオが表示されます。「ギャラリー ビュー」アイコンをタップすると、SD カード上のすべての映像が表示されます。

 

1)

2)

3)

4)

画面上のショートカット

画面上のショートカットを使用すると、カメラの撮影設定に 1 回のタップですばやくアクセスできます。

 

デジタルレンズ (HERO モード: ビデオ、写真、タイム ラプス)

ショットの視野角、クロップ、魚眼効果を切り替えます。

 

1)

2)

 

マイク (HERO モード: ビデオ)

ステレオ オーディオを選択するか、カメラの前面側または背面側の音声を優先できます。

 

1)

2)

 

写真タイマー (360 度モード: 写真)

360 度写真は、カメラの周囲のすべてを撮影します。そのため、撮影した画像にシャッター ボタンを押した指が写ってしまう可能性があります。タイマーは初期設定で 3 秒に設定されているため、手の位置をずらして撮影時に写らないようにする時間は十分あります。また、タイマーをオフにしたり、10 秒に設定したりすることもできます。

 

1)

2)

カメラの更新

GoPro の最高のパフォーマンスを引き出すために、常に最新のソフトウェアを使用してください。

 

オプション 1

GoPro アプリに接続します。
アップデートが利用可能な場合、自動的に通知されます。

 

オプション 2

gopro.com/update にアクセスし、ソフトウェアを microSD カードに直接ダウンロードします。

メンテナンス

新しい GoPro の性能を最大限に引き出すために、次のヒントを参考にしてください。

 

  • カメラを使用していないときは、レンズ保護のために必ず黒いレンズ キャップを着用してください。レンズは球面コンテンツを撮影するためにむき出しになっており、保護されていません。レンズの傷は保証の対象外です。
  •  

  • カメラの使用時にレンズを保護したい場合は、透明な保護レンズを使用します。注意: 透明レンズは、特定の条件下では画質に影響を与える場合があります。
  •  

  • レンズが傷つく可能性があるので、カメラの正面や背面を下にして置かないでください。レンズの表面を下にして置かないでください。
  •  

  • レンズを清掃する際は、柔らかい、糸くずの出ない布で拭いてください。レンズとトリム リングの間にゴミが詰まっている場合は、水や空気で取り除きます。レンズ周りに異物が入らないようにしてください。
  •  

  • カメラは水深 5 m までの防水性能を備えています。サーフィンの映像やその他の水辺の映像を撮影する際に、ハウジングを追加する必要はありません。MAX (マックス) は水中での利用は想定していません。水辺やほこり、砂の多い環境でカメラを使用する場合は、事前にドアがしっかり閉じられていることを確認してください。
  •  

  • ドアを閉じる前に、シール部分にチリやゴミがついていないことを確認します。必要に応じて、シール部分を布で清掃します。
  •  

  • ドアを開く前に、カメラに水滴やほこりが付着していないことを確認します。必要に応じて、カメラに水をかけて洗い流してから、布で完全に水分を拭き取ります。
  •  

  • ドアの周囲に砂や泥などがこびりついている場合は、カメラをぬるま湯に 15 分ほど浸して、その後十分にすすいで砂や泥を完全に取り除いてください。ドアを開ける前に、カメラが乾燥していることを確認してください。
  •  

  • 最高のオーディオ性能を引き出すためには、カメラを振るか、マイクの挿入口に息を吹きかけて、挿入口に入った水や泥を取り除きます。マイクの穴に圧縮空気を吹き付けないでください。内部の防水膜が破損する可能性があります。
  •  

  • 塩水が付着した場合は、必ずカメラを真水ですすぎ、柔らかい布で拭いてください。
アプリ
GoPro サブスクリプション
詳細については、ユーザーマニュアルをご覧ください。 gopro.com/help.