ヒーロー

GoPro for a Causeのスポットライト:WILDCOASTとともにArribadaを体験

4月 22, 2022

シェア

2021年11月、GoPro for a Causeはカリフォルニアとメキシコを拠点とする団体WILDCOAST (スペイン語ではCOSTASALVAJE) と手を組み、同団体による素晴らしい保護活動の周知をサポートしました。


「WILDCOASTは、15万3,800平方kmに及ぶ海岸線、海洋環境、サンゴ礁、マングローブの森、ウミガメの営巣地となっている浜、コククジラの繁殖地となっているラグーン、湿地帯、島などの保護を支援しています」と、WILDCOASTの アウトリーチコーディネーター、Yehuda Ben-Hamo氏は語ります。私たちは、保護区域を設定して管理を行い、強力な保全方針を推し進めるとともに、健全で豊かな海や海岸線、野生生物に対する保護と管理の面で地域社会と連携しています。


今日のアースデイを記念して、このパートナーシップにおける最終成果をGoProが最もよく熟知しているビデオという形式で発表できることは大変大きな喜びです。今回のビデオ (下に用意しています) では、オアハカにあるLa Sanctuaria Escobillaでの「arribada」(スペイン語で「到着」という意味) に関するWILDCOASTの活動を追っています。arribadaとは、毎年7月から1月の間に起きる、数千匹のメスのヒメウミガメが浜に上がって産卵する現象です。 


特にオアハカでは、WILDCOASTが36.2kmに及ぶ世界屈指の貴重なヒメウミガメの営巣海岸2つを保護しており、2017年以降は7,200万個以上の卵がかえっています。


「月明かりの下、巣に適した場所が見つかるまで、メスたちは一歩、また一歩とゆっくり浜を進んでいきます。この現象が起きるのは、地球上でも一握りの浜だけです」とBen-Hamo氏は言います。

私たちは、WILDCOASTの職員と膝を交え、arribadaについてさらに詳しい話を聞きました。


GoPro:GoPro for a Causeと提携したのはどんなプロジェクトですか?

WILDCOAST:私たちは、National Mexican Turtle Center、メキシコのNational Commission of Natural Areas (CONANP)、地元の先住民コミュニティとのパートナーシップを通じて、メキシコの太平洋岸にある重要なウミガメの営巣地を保護しています。


また、特区の設定、ウミガメの卵と巣の監視、密猟や外来種への対策などを行い、保護管理業務において地域社会とも連携しています。


GoProを選んだのはなぜですか?

私たちの保護活動にとっての重要な要素の1つが、物語を伝えることです。WILDCOASTには、この2年間取り組みを続けている多様で魅力的な一連のプロジェクトがあり、現場での作業やミッションに光を当てるためにビデオ資産やフィルム資産の拡大を行っています。GoPro for a Causeとの提携は、多くの点で素晴らしい経験となっています。


HERO10 Blackカメラを寄付してもらえたおかげで、チームは作業の文書化、保護の成功に関する周知、地域社会のパートナーに関するストーリーの発信などを行うことができるようになりました。また、ウミガメのプロジェクトにおける映画製作や編集の専門家の存在は、多くのことをもたらしてくれました。その結果生まれた、私たちが保護を支援する浜でのarribadaを記録したショートフィルムは、視聴者をオアハカ旅行へと誘うような、非常に満足のいく内容となっています。


このビデオを視聴した後、視聴者に学んでほしい、あるいは行動を起こしてほしいのはどんなことですか?

美しい映像や魅力的な物語が、環境を守りたいという気持ちや、自分たちに残された貴重な天然資源や野生生物を保護したいという思いを人々に抱かせることになればと願っています。GoPro for a Causeの柱はWILDCOASTのミッションや精神と合致していることから、チームと一緒にさらに多くのプロジェクトを作っていきたいと考えています。


地元住民は、皆さんの活動にどう関わっていますか?

地域社会との連携、特に野生生物保護キャンペーンでの学生との共同作業は、脅威にさらされているエコシステムや野生生物を守るうえで非常に重要です。


野生生物の保護は、南オアハカのような地方の遠隔地においては地元住民、特に沿岸部の先住民コミュニティの関与や啓発なしには進まないでしょう。最前線にいるのは地元住民です。私たちが守っているエコシステムは、現地の人々のコミュニティや暮らしの一部なのです。


保護のアウトリーチプログラムを拡大することで、次世代の保護への取り組みを含め、コミュニティ全体に手が届きやすくなります。それにより、密猟や、その他のウミガメに重大な影響をもたらす人間活動の脅威を減らすことができるのです。


支援者がWILDCOASTの活動に関わるには、どうするのが最もよいでしょうか。

南メキシコの重要なウミガメ営巣地の保護に関して私たちへの支援を希望される場合は、wildcoast.orgでの寄付をご検討ください。寄付金額ごとにできることは次のとおりです。

  • $15の寄付で地元の学校向け教材を作成できます。
  • $50の寄付で孵化したばかりのウミガメの子供1匹を養子にできます。
  • $100の寄付でウミガメの卵の巣全体の保護を支援できます。
  • $1,000の寄付で、arribadaの期間中に巣と浜を毎晩監視するチームを雇い (1回のarribadaは2日から8日間続きます)、密猟防止を支援できます。


また、私たちのウェブサイトで電子版ニュースレターに登録いただければ、実際の保護活動やプログラムの最新情報について、さらに多くの内容をご確認いただけます。さらに、VIP待遇の寄付者が参加できる小旅行では、オアハカでarribadaを自分の目で見たり、バハにあるコククジラの繁殖地となっているラグーンを訪れたりもできます。


WILDCOASTの各ソーシャルメディアもフォローしていただければ幸いです:Facebook、Twitter、YouTubeTik Tok、Instagram


GoPro for a Causeの活動について、詳しくはこちらをご覧ください。

シェア