GoProヒント

GoProが日常使いの小型カメラに適している理由

6月 01, 2021

シェア

GoProカメラはコンパクトサイズなので、どこにでもフィットします。また、頑丈なのでどこに持って行っても安心です。日常的に持ち歩くには、GoProがベストといえるでしょう。


出かける場所がマラケシュの市場であれ、地元の子供の遊び場であれ、日常的に持ち歩く小型カメラにGoProがなぜ向いているのか、その理由はいくつかあります。


GoProがどこにでも持ち運べる小型カメラである理由


1. ビッグな冒険心と、スモールなGoProカメラ


コンパクトカメラの世界で、現在のGoProのラインナップを超えるものはほとんどありません。スマートフォンの最上位機種よりも軽く、重さはたったの158グラムです。GoPro MAX (マックス) では、なんと6Kビデオも撮影できます。 


フラッグシップモデルであるHERO9 Blackは、サイズが71 x 55 x 33.6mmとコンパクトで、バッグにもジャケットのポケットにも簡単に収まるため、どこにでも (行けない場所でさえも) 持ち運ぶことができます。

2. どんなアクションにも耐えられる


どこにでも持ち運びができるカメラは、その日に何が起ころうとも、それに耐えられるものでなければなりません。絶好な撮影ポイントがあっても、コンパクトカメラの性能上の制限で写せないとしたら残念な話です。しかし、HERO9 Blackであれば、撮影するタイミング、場所が足かせになることはありません。 


HERO9 Blackのボディは頑丈で防水仕様です (水深10mまで)。HERO9 Black保護ハウジング + 防水ケースを取り付けると、 汚れや飛散物に強くなるだけでなく、HERO9 Blackの防水性も上がり、水深60mまで耐えられるようになります。

3. GoProカメラは抜群の使いやすさ


GoProカメラは、フレームが小さいにもかかわらず、コンパクトカメラの中で使いやすさは群を抜いています。 


HERO9 Blackの背面のタッチスクリーンはサイズが大きいため、メニューが非常に操作しやすく、写真、ビデオ、タイムラプスなど、よく使われるどの撮影モードでも思いどおりに撮影できます。また、カメラのUIには撮影プリセットとパワーツールが直接組み込まれており、プロレベルのコンテンツをいとも簡単に撮影できます。新しくなったフロントディスプレイは自撮りのフレーム調整に最適で、カメラのボタンを (手袋をはめていても) 簡単に押すことができます。


GoProテク:カメラのコントロールや設定の調整をもっと簡単にしたい場合は、GoPro Quik (クイック) アプリをスマートフォンにダウンロードしてください。写真を表示、編集、共有することができます。また、このアプリでカメラの設定を変更することもできます。Quik (クイック)App StoreGoogle Playで簡単にダウンロードできます。


4. GoProは、スマートフォン全盛の時代にあってスマートフォンより優れたコンパクトカメラ


多くの人がスマートフォンを日常的にコンパクトカメラとして使っていますが、次のような欠点もあります。


  • バッテリーの駆動時間が短い
  • ちょっと落としただけで簡単に壊れる
  • スマートフォンが壊れると、連絡先、テキストメッセージ、アプリなどをすべて失う
  • よいマウントを見つけるのが難しい


HERO9 Blackを日常使いの小型カメラにすれば、このような心配事はなくなります。本機は5Kビデオを撮影することができるだけでなく、脱着式のレンズ、高度なHyperSmooth 3.0 (ハイパースムーズ3.0) ブレ補正、TimeWarp 3.0 (タイムワープ3.0) を搭載しており、スローモーションスピードランプを使用する際に、この新しい機能をお使いいただけます。また、さまざまなタイプのマウントをご用意しておりますので、使用状況に合ったものをお使いいただけます。

5. GoProは旅のお供に最適な小型カメラ


従来型のカメラ機材はかさばるだけでなく、旅行用に梱包するにもクッションをたくさん用意する必要があります。しかし、GoProカメラとアクセサリーは小型で軽量な上、耐衝撃性にも優れています。うまくまとめれば、荷物の中でほとんどスペースを取りません。


GoPro互換のマウントは、コンパクトにまとまるため、旅行先での写真撮影に最適です。3-Way 2.0のようなコンパクトなマウントにGoProを据え付ければ、山歩きや川べりの散歩を楽しみながら、本格的な写真を撮影することができます。


GoProテク:次に旅に出かけるときは、Caseyセミハードカメラケースを是非お使いください。Caseyには、GoPro本体に加え、The Remote (ザ リモート)3-Way 2.0グリップ、HERO9 Black保護ハウジング、予備バッテリーなどのアクセサリーも収納できます。


GoProの多機能ぶりを詳しく知りたい方は、「19 Things You Didn't Know Your GoPro Can Do (あまり知られていない、GoProで実施できる19の項目)」という記事をご覧ください。

シェア
限定キャンペーンや最新情報を受け取る
登録することにより、GoProのプライバシーポリシーおよび利用規約に同意したものとみなされます。

© 2023 GoPro Inc. All rights reserved.

GoPro、HEROおよびそれぞれのロゴは、米国およびその他諸国におけるGoPro, Inc.の商標または登録商標です。その他すべての商標は各所有者に帰属します。