スノーボードの若きスーパースター大塚 健がGoPro Snowチームに加入しました。

大塚 健はX Games アスペン(2019)とノルウェー(2018)での2大会連続優勝、2018年イタリアワールドカップBAと2018年シークレットガーデン ワールドカップ スロープスタイルで表彰台の頂点に立つなど、近年素晴らしい活躍を見せている神奈川県出身、19歳のライダーです。

スロープスタイルやビッグエアーの未来がどの様になっていくか、その片鱗を見せ始めてくれている大塚 健。現在はHERO9 BlackをメインのGoProとして使用しており、お気に入りのセットアップは、デジタルレンズをSuperViewに設定し、ヘルメットやEl Grandeへのマウント。これによってPOVとフォローカムの両方を撮影。そして、MAXもいつもセカンドカメラとして使用しています。

Shot by : GoPro Family @xsh5filmsx 

 

「GoPro MAXは撮り始めるだけで、周りの全てを撮影しているからとても好きです」と語る大塚 健。「フレーミングのことは気にせず、自分のライディングに集中することができる上、一つのクリップから違うアングルを切り出すことができるのがすごく良いです」

オフシーズンにはサーフィンやダウンヒルマウンテンバイクも楽しむのですが、今はもう冬の真っ只中。X Games の優勝やU.S. Open、そしてオリンピックといった未来に目標を定めています。そしていつかバックカントリーの撮影プロジェクトもやってみたいとも語っています。

Welcome to the team Takeru!