GoProヒント

GoProをバイクカメラにするための究極のガイド

3月 24, 2022

シェア

道路やトラック走行、マウンテンバイク、BMXに至るまで、愛車を走らせるときに退屈な瞬間はありません。その興奮をすべて高解像度の映像で撮影することは、至難の業です。 


GoPro MAXHERO10 Blackに代表されるアクションカメラを使用すれば、道路やトラック、トレイルでのスリリングな瞬間をビデオや写真に撮影し、シェアすることが簡単になります。2022年のベストのバイクカメラを探し、最高のコンテンツを撮影する方法をご紹介します。


GoPro HERO10 Black


HERO10はGoPro史上最もパワフルなモデルです。2倍のフレームレートによる5.3Kビデオや23MPの静止画像を鮮明に撮影できます。しかし、あらゆるレベルのバイカーにとって異彩を放つのがHyperSmooth (ハイパースムーズ) 4.0ビデオブレ補正機能です。HyperSmooth 4.0はすべてのモードで利用可能で、でこぼこ道でも超高解像度の撮影を可能にする革新的な技術です。


HERO10が持つもう1つの驚くべき機能は、TimeWarp 3.0 (タイムワープ3.0) です。HyperSmooth機能とタイムラプスビデオを組み合わせると、長時間のバイク映像を60秒以内でシェアすることができます。HERO10 Blackは、Max (マックス) レンズモジュラーにも対応しており、過酷な状況での撮影時にブレ補正と視野角の効果を最大限にアップします。

GoPro MAX


MAXは3つのカメラが1つになっており、その最大の利点の1つは、思い通りの創造力を発揮できることです。HEROモードでは、前面レンズまたは背面レンズで通常の2Dビデオや写真を撮影できます。また、1080pのライブストリーミングでVlogをアップできます。さらには、カメラの360度機能で驚きの6K画質のパノラマビデオを撮影することも可能です。


また、MAXは防水仕様であるため、川を渡ったり風雨の中を走ったりする場合でも、心配無用です。Max HyperSmoothの無敵のブレ補正に加えて、GoProQuik (クイック) アプリも使用できます。Quikを使用すれば、MAXコンテンツを簡単にリフレームして、360度ビデオの無数の視点から、ベストショットを選択できます。

動きを捉えるマウントのヒント


カメラのマウント位置は、撮影するバイク映像の出来栄えを大きく左右します。まるでサドルに乗っているかのように感じ、息をのむようなビデオを撮影するためのマウント方法の4つのヒントをご紹介します。


  1. ハンドルバー / シートポスト / ポール マウントバイクには、カメラマウントに適した場所がいくつかあります。ハンドルバーにマウントすると、カメラを簡単に操作できます。ハンドルバー / シートポスト / ポール マウントは、0.35~1.4インチのダウンステムやポストに取り付けることもできます。マウンティングベースは360度回転するため、ボタンを押すだけで様々なカメラアングルに設定できます。


  2. Chesty (チェスティー): GoProを胸にマウントすると、ハンズフリーで臨場感あふれるコンテンツを撮影できます。チェストマウントは、場面を問わず、引き込まれるようなPOV映像を撮影できる優れた方法です。サイクリングや乗馬、カヤックやスキーなど、様々な活動に最適です。


  3. 通気ヘルメットストラップマウントヘルメットマウントはおそらく、サイクリング時のアクションカメラの取り付け方法として最も人気がある方法でしょう。通気ヘルメットであれば種類を問わずマウントでき、ストラップの長さを自由に調節して、カメラを簡単に取り外し、交換できます。


  4. ヘルメットフロント + サイドマウントフロントマウントで、ほぼすべてのフルフェイスヘルメットにマウント可能で、見る人をアクションに引き込むこと間違いありません。また、スイベルジョイントでアングルをすばやく簡単に変えることもできます。

最高の瞬間を撮ろう


バイクは素晴らしい場所に連れて行ってくれます。そしてHERO10 BlackやMAXは、それがどこであろうと常にあなたにお供するアクションカメラです。 


体験した冒険は家に帰るまで待たず、すぐにシェアしましょう。Quik (クイック) を使用すれば、冒険の途中でもコンテンツをその場で編集し、写真やビデオをSNSでシェアできます。今すぐダウンロード しましょう!

シェア