GoProヒント

GoProバッテリーの駆動時間を延ばすためのヒント + アクセサリー

6月 23, 2022

シェア

忘れられない体験や決定的な瞬間を撮影するには、GoProが欠かせません。そこで心配になるのがバッテリーの駆動時間です。 GoProバッテリーの駆動時間を大幅に延ばすためのヒント、裏技、GoProアクセサリーをいくつかご紹介します。


GoProバッテリーの駆動時間


バッテリーが何時間持続するかは、GoProカメラによって若干の違いがあります。高い解像度およびフレームレートで撮影するほどバッテリー電力を消費し、解像度が低いほどバッテリー電力は少なくて済みます。以下は、お使いのGoProバッテリーの駆動時間を示すベンチマークです。



GoProバッテリーの駆動時間を延ばすヒント


バッテリーの駆動時間を大幅に伸ばすには、アクティビティに応じてカメラの設定をカスタマイズするのが最善の方法です。そのためGoProは先日、ビデオパフォーマンスモードをリリースしました。ビデオパフォーマンスモードを利用すれば、アクティビティに応じてカメラを設定し、バッテリーの駆動時間を大幅に伸ばすことができます。3つのビデオパフォーマンスモードについて詳しくは、上のビデオを視聴いただくかドキュメントをご覧ください。


1. 最大ビデオパフォーマンス


このモードでは、ビデオの解像度とフレームレートを最大化できます。画質を最優先する場合は、このモードを選択してください。


2. 省電力


このモードでは、ビデオの解像度とフレームレートの組み合わせを最適化することで、バッテリーの駆動時間を最大限まで延ばします。


3. 三脚 / 固定ビデオ


カメラを固定して撮影 (ウェブカメラ、ライブストリーム、動画素材など) するのを好むGoProユーザーも多いですが、「三脚 / 固定ビデオ」設定は、最適な解像度とフレームレートにより、空気の流れがなくカメラの温度が下がらない状況でビデオ撮影時間を延ばします。

GoProバッテリーの充電時間


お使いのGoProのバッテリー充電時間は、 何を使用して充電するかによって異なります。たとえば、GoProデュアルバッテリーチャージャーを使用すれば、わずか2時間でフル充電できます。旅行時にノートパソコンのような別のデバイスを使って直接充電すれば、およそ4時間かかります。充電時間をできるだけ短くしたいのであれば、GoPro SuperCharger (スーパーチャージャー) の使用をお勧めします。これはUSB-C-to-Cコンセント充電が可能です。 



お使いのカメラのデュアル充電方法を以下でご確認ください。



新製品のHERO10 & HERO9 Enduroバッテリーをお使いの場合は、 標準のGoProバッテリーよりおよそ13%短い時間でフル充電できます。

GoProバッテリーの駆動時間を延ばすアクセサリー


カメラのバッテリー残量が1桁になっても心配いりません。以下のGoProアクセサリーを利用すれば、カメラのバッテリー駆動時間を大幅に伸ばすことができ、外出時も短時間で充電できます。


カメラ使用中にバッテリーに充電


GoProは先日、カメラ使用中に充電できる、汎用性に優れたバッテリーグリップ、Voltaをリリースしました。これは充電に役立つだけでなく、次のような利点があります。


  • 5.3Kビデオを30フレーム/秒で4時間以上撮影:内蔵の4900mAhバッテリーは、お使いのカメラの標準バッテリーと組み合わせると寿命が3倍になります。解像度を下げればさらに長時間の録画が可能です。
  • 内蔵カメラボタン:GoProをグリップに取り付けた状態で、片手で簡単に操作できます。
  • ワイヤレスリモート機能:Voltaを取り外して、カメラのリモートコントローラーとして使うことも可能。最大30mの距離から集合写真やセルフィーをリモートで簡単に撮影できます。
  • 三脚を内蔵:三脚でカメラを固定すれば、長時間のタイムラプスや固定ショットなども思いのままです。
  • 全天候型:小雨や小雪にも対応します。


低温時および適温時に最適な単品バッテリー


先ほど紹介したEnduroバッテリーは、2021年11月にリリースされたばかりでが、低温時つまり積雪期のバッテリー駆動時間を大幅に延ばします。 


HERO10 BlackでEnduroバッテリーを使用した場合の、バッテリー温度-10°Cにおける平均録画時間は以下のとおりです (注:あくまでバッテリーの温度で、外はさらに低温です)。


    • 5.3K60ビデオで56分間
    • 4K120ビデオで50分間
    • 4K60ビデオで76分間
    • 1080p30ビデオで115分間


    適温時のビデオ撮影時間はこれより長時間となります。たとえば、気温25°Cにおいて一般的な屋外アクティビティでHERO10 Blackを使用した場合、Enduroバッテリーの平均駆動時間は以下の通りです。


    • 5.3K60ビデオで60分間 (標準的なバッテリーより28%長い)
    • 4K120ビデオで51分間 (標準的なバッテリーより40%長い)
    • 4K60ビデオで71分間 (標準的なバッテリーより13%長い)
    • 1080p30ビデオで120分間

    HERO10 + HERO9の高速充電に最適


    HERO10 & HERO9デュアルバッテリーチャージャー + スペアバッテリーを使用:

    • GoProバッテリーで充電が必要な場合の急速充電
    • チャージャーにはバッテリーを2台まで収納できるので、1日に長時間ビデオ撮影する際に便利です。


    GoPro MAX (マックス) ユーザーに最適


    MAX (マックス) リチャージャブルバッテリーでバッテリーの駆動時間を大幅に伸ばし、バックアップとしてMAX (マックス) デュアルバッテリーチャージャー + バッテリーを携帯するのがベストです。


    HERO8ユーザーに最適


    HERO8 Blackリチャージャブルバッテリーをスペアまたは交換用バッテリーとして使用し、HERO8 Blackデュアルバッテリーチャージャー + バッテリーを携帯すれば、充電に時間を要しません。


    GoProをもっと便利に。

    GoProサポートハブに、GoProバッテリーの駆動時間の詳細と、GoPro関係のその他の質問に対する回答が掲載されていますので、そちらもご覧ください。

    シェア
    限定キャンペーンや最新情報を受け取る
    登録することにより、GoProのプライバシーポリシーおよび利用規約に同意したものとみなされます。

    © 2022 GoPro Inc. All rights reserved.

    GoPro、HEROおよびそれぞれのロゴは、米国およびその他諸国におけるGoPro, Inc.の商標または登録商標です。その他すべての商標は各所有者に帰属します。