GoProについては、さまざまな特長が宣伝されています。耐久性と防水性を備えたポケットサイズのデバイスで、旅行やアクションスポーツに最適。このカメラなら、人生でどんなにクレイジーな出来事が起きてもその瞬間を逃さず記録できる、ということはすでにご存じかもしれません。

しかし、実はこの小さな撮影機器には、目立たないながらも優れた機能が多数搭載されており、毎日の習慣から一生に一度の貴重なイベントまで、あらゆるものを簡単に撮影することができます。

GoProが太鼓判を押す、GoProカメラのあまり知られていない機能と設定を以下のリストでご紹介します。きっとプロのようなスタイルで、決定的瞬間を逃さず撮影できるようになるはずです。

HERO9 Blackでの自動アップロード

1. GoProがコンテンツをクラウドに自動アップロードしている間、のんびりと過ごしましょう。*

1日のアドベンチャーが終了して帰宅したら、GoProを電源に接続しましょう。自宅のWi-Fiネットワーク(またはその他の指定ネットワーク)に接続すると、新しいコンテンツがGoProクラウドに転送されます。Quik(クイック)アプリを使用するか、ウェブブラウザーでログインすれば、もうコンテンツがあなたを待ち構えています。 

*この機能を使用するには、GoProサブスクリプションへの登録が必要です。自動アップロードについて詳しくは、こちらをご覧ください。

2. シャッターを1回押すと、カメラがオンになり、さらに録画が開始されます。

QuikCapture(クイックキャプチャー)と呼ばれるこの機能は、あっという間の出来事をとっさに撮影するときに大変便利です。シャッターボタンを1回押すとカメラがオンになり、ビデオの録画が開始されます。長押しすれば、タイムラプスが開始されます。もう一度押すと、GoProはオフになります。 

3. GoProは、あなたの命令に従います。

もちろん何を言ってもいいわけではありませんが、音声コマンドを使用して、録画の開始と停止、写真の撮影、モードの変更、HiLight(ハイライト)タグの追加などを実行できます。 

GoProのHiLightタグ。

4. HiLightタグを使えば、録画中でもお気に入りの瞬間にマークを付けられます。

HiLightを追加するには、録画中にモードボタンを押すか、「GoProハイライト」と音声で指示します。または、Quikアプリで映像を確認しているときにHiLight機能を使用して追加します。すぐにビデオクリップのアイコンにオレンジ色の小さなタグが表示されて、その部分がとっておきの瞬間であることがわかります。

GoProテク:Quikアプリによる自動編集では、QuikがHiLightタグを自動的に検出して、最終的な映像に優先的に使用します。

Maxレンズモジュラーを使用したHERO9 Blackの魚眼効果。

5. 超・魚眼モードで90年代のスタイルが復活します。 

厳密に言えば、これはモードではなくモジュラーのテクニックです。Max(マックス)レンズモジュラーをお持ちの方はご存じだと思いますが、超広角155度の視野角を得るためには、HERO9 Blackのレンズカバーをモジュラーに交換してから「Maxレンズモジュラーモード」をオンにする必要があります。ただし、この手順をスキップして撮影に進むと、モジュラーによって非常に独創的で面白い、超・魚眼フィルター効果が得られます。 

HERO9 Blackの方向ロック。

6. TikTokとInstagram用に縦長の画面で撮影します。

TikTokとInstagram Reelsは、縦長のコンテンツ向けに最適化されているため、ポートレートモードでGoPro特有の広角コンテンツを見るのは困難です。そこで、GoProの画面の方向をロックして、横長の表示に戻らないようにすることができます。下にスワイプして、方向ロックのアイコンをタップしてください。

GoProテク:GoProを縦向きに持って撮影を開始すると、撮影中、方向は縦向きにロックされたままになります。

7. スタビライズを強化します。

山道を走って下りるときや、カメラを子どもに預けたりペットに取り付けたりするときなど、よく揺れる条件で撮影する場合でも、「HyperSmooth(ハイパースムーズ)ブースト」モードをオンにすれば、非常に滑らかな映像を撮影できます。 

GoProテク:HERO9 Blackで「水平維持」をオンにすると、安定した状態を保つことができます。宙返りに挑戦するなら、MaxレンズモジュラーHERO9 Blackに取り付けて、「水平ロック」をオンにしましょう。GoProが回転しても、映像の水平が滑らかに固定された状態に保たれます。  

GoProのショートカットアイコンと撮影プリセット

8. 撮影プリセットと画面上のショートカットを使用して、スタイルを追加します。

勘に頼った適当な設定を防ぐためには、撮影プリセットの利用をお勧めします。スローモーション、アクティビティ、ナイトフォトなどのお気に入りのProtune(プロチューン)設定を、最大10個までカスタマイズできます。画面上のショートカットも同様に最大4個、タイマー、デジタルレンズ、ISOなどの機能にワンタップでアクセスできるように設定可能です。それだけではありません。設定ボタンまたはショートカットアイコンを長押しすると、すべてにすばやくアクセスできます。(スタイルは4つ以上設定できるので、自分らしさを思う存分表現できます。)

9. GoProなら時間を戻せます。

先週末に戻ることはできませんが、HindSight(ハインドサイト)機能を使用すれば、シャッターボタンを押す最大30秒の時点にさかのぼって撮影を開始できます。設定メニューにある「HindSight」をオンにします。設定メニューには、設定ボタンを長押しすると簡単にアクセスできます(上記の8を参照)。

10. 背面タッチスクリーンを使用しなくても、指2本でプリセットを変更できます。

背面ディスプレイをタップできない場合、たとえば水中にいるときや、保護ハウジングを使用しているときは、モードボタンとシャッターボタンを同時に長押しすれば、プリセットを変更できます。前面ディスプレイにプリセットオプションが表示されるので、モードボタンを押して切り替えます。 

GoProテク:モードボタンを押してからすぐにシャッターボタンを押し、HERO9 Blackの前面ディスプレイを確認してカスタムプリセットを切り替えます。

11. 背面ディスプレイを数回タップして露出をロックします。

露出過度のビデオは痛恨の失敗作です。きめが粗い露出不足の写真も同様です。これを防ぐには、背面ディスプレイを長押しして、露出ロックの四角い枠を表示します。次に、露出をロックするエリアをタップします(つまり、太陽が被写体の背後にある場合は、被写体をタップして露出不足にならないようにします)。 

12. GoProは防水性能を備えており、購入後すぐにマウントできます。

正確には水深10mまでの防水性能を備えており、マウントフィンガーがカメラに搭載されているため、簡単にマウントを交換できます。ただし、もっと厳しい環境で撮影したり、深い場所でダイビングをしたりする場合は、保護機能が強化されたハウジングをお使いください。

13. 水とGoProはピーナッツバターとジャムのように相性抜群。とはいえ、滑らかなピーナッツバターのように、水で指が滑って別のモードに変わってしまうことがあります。

シュノーケリングなどのマリンスポーツをしているときに画面をロックすれば、こうしたモード切り替えのアクシデントを防止できます。下にスワイプして、スクリーンロックのアイコンをタップしてください。

14. TimeWarp(タイムワープ)を習得したことを表現するのに、言葉は不要です。

簡単に説明します。プロのような映像を目指すなら、大切な瞬間や格別に美しいシーンでTimeWarpの速度を落として、その場面を強調してみてください。背面ディスプレイをタップするか、モードボタンを押すとリアルスピードに切り替わります。

15. 三分割法で、印象的な写真を撮影できます。

背面ディスプレイを下にスワイプして、メインメニューのグリッドアイコンをタップします。背面LCDにグリッドが表示されるので、完全に水平なフレームで、三分割法に従って撮影することが可能です。

16. 照明のちらつきを防げるのはあなただけ。

一部の人には知られていますが、国によって照明の周波数は異なり、テレビ、蛍光灯、イルミネーションなどの人工光源がビデオ映像で奇妙なちらつき(フリッカー)を引き起こすことがよくあります。しかしご安心ください。GoProにはアンチフリッカー設定が用意されています。下にスワイプして、「メインメニュー」>「ユーザー設定」>「一般」>「アンチフリッカー」を表示します。

17. 写真モードを環境や希望する出力に合わせて調整することで、あなた自身も自撮り写真も成功に導きます。

GoProで標準となっているシングルフォトモードでは、カメラを最適化して、ナイトフォト、HDR写真、そしてGoProが最適な写真モードを選択するSuperPhoto(スーパーフォト)などを撮影できます。徹底的にこだわって編集したい場合は、出力をRAWに設定することも可能です。

18. QRコードを使用すれば、本当に面白いことをGoProに命令できます。2020年5月にスタートしたGoProラボでは、GoProのエンジニアが開発した未公開の試験的なカメラ機能にアクセスできます。たとえば、名前や連絡先をGoProのメタデータに追加したり、時間、ノイズ、GPSの軌道に基づいて自動でオンになるタイマーを設定したりすることが可能です。 

GoProテク:新しいSDカードを使い始める場合、電話番号の写真を撮影したり、自分の名前と番号を言っている自撮りビデオを撮影したりすることもできます。

19. こうしたGoProのテクニックをすべて試して、もう十分と感じていますか?カメラをリセットして、休ませてあげましょう。

電子機器は常にフル稼働しているので、ときどきハードリセットが必要です。電源ボタンを10秒間長押しすると、GoProがリセットされます。

以上の機能はすべてHERO9 Blackで使用できます。また、すべてではありませんが、その多くをGoPro MAXHERO8 Blackでも使用できます。