GoProヒント

GoProで魅力的なVlogを作成するための5つのステップ

5月 26, 2022

シェア

2005年にYouTubeが始まって以来、Vlog作成者の数は驚異的な勢いで増えています。今日、ネット上には3,700万を超えるYouTubeチャンネルが存在し、1日あたり10億時間近くのビデオが視聴されています。そんなVlog作成者にとって、小型でどこにでも持ち運べるGoProは、今やVlog撮影になくてはならないカメラとなっています。


しかし、パーフェクトなVlogを作成するためには、カメラ以上に大切なことがあります。以下に、魅力的なVlogを作成するための5つの簡単なステップと、お勧めのGoPro製品を紹介します。是非お役立てください。


また、最新のHERO10 Blackで撮影された当社お気に入りのVlogを上に掲載しておりますので、Vlog制作の参考になさってください。


受けるVlogにするための5つのヒント


1. 自分のニッチを見つけましょう。新しい視聴者を獲得したいのなら、視聴者が見たいコンテンツにする必要があります。視聴者に媚びているようにも思えますが、必ずしも主流のものである必要はありません。日常生活をテーマとしたVlogは一般的に人気がありますが、クリエイターたちは視聴者のニッチ、たとえばエクストリームスポーツ、旅のVlog、料理、eスポーツなどを貪欲に探しています。インターネットなら、そうしたニッチを好む視聴者を獲得するのも容易です。GoProは、場所を問わず、陸、海、空どこでも撮影できるように設計されています


2. 高品質で耐久性の高いカメラを入手しましょう。Vlog作成者が、屋外で一人でしゃべりながら撮影するのにGoProを使うことを好むのは、GoProが小型でありながら広角レンズとフロントディスプレイを備えており、カメラを手前に向けてVlogの視聴者に語りかけるのに最適だからです。また、軽くて持ちやすいのも理由です。また、すばやく動いてもGoProに内蔵されたHyperSmooth (ハイパースムーズ) ブレ補正により映画のように滑らかな映像を撮ることができるので、視聴者にはカメラの揺れを感じさせずに、映像の中で繰り広げられる体験に没頭させることができます。


GoProテク:究極のブレ補正を体験したいのなら、HERO10またはHERO9 BlackのレンズをMax (マックス) レンズモジュラーに交換して、他の追随を許さないMax HyperSmooth (マックスハイパースムーズ) ブレ補正、360度水平ロック、超広角の視野角といったオプションを試してみてください。


3. 音声にも配慮しましょう。外に出て、屋内のスタジオのセットアップから解放されても、カメラで音声を録音するにあたり、風、雑音、音の干渉といった新たな問題が立ちふさがります。


HERO10およびHERO9 Blackカメラには高度な風切り音軽減設定と、3つのマイクが備わっています。3つのマイクは、最も大きな風切り音を捉えたマイクを遮断することで、音の干渉を軽減します。アップグレードをお考えなら、HERO10およびHERO9 Blackメディアモジュラーには全天候型ケースが付属し、臨場感あふれる指向性の音声を録音できる指向性マイクが内蔵されているので、最高クラスのステレオ音声を再生できます。



4. 興味をそそるロケ地を選択しましょう (上のビデオを参照)多くのVlog作成者にとって、その物語を生き生きと描写するためには、ロケ地の選択が鍵となります。これはと思えるロケ地を見つけたら、あとはGoProのような高品質、高解像度のカメラが、5.3Kの解像度と滑らかな60フレーム / 秒 (fps) のフレームレートで最高のビデオを撮ってくれます。


GoProテク:フレームレートを上げてスロービデオを作成すれば、視聴者をより魅了することができます。ウルトラスローモーションで、水しぶきや走る犬、子供が遊ぶ様子などを撮影し、うっとりするような作品に仕上げてみましょう。HERO10およびHERO9 Blackカメラなら、240fpsで8倍のスローモーションを撮影できます。


5. ポストプロダクションでビデオを仕上げましょう。Vlogの中には劇場用映画並みの技術をつぎ込んでいるものもあります。しかしそれを行うには時間がいくらあっても足りず、高性能なパソコンも必要… そう思っていませんか? GoPro Quikアプリは、その場で簡単編集できるアプリで、スマートフォンからすぐにアクセスできます。これを使えば、パソコンと遜色のない編集を行うことができ、編集が済み次第、視聴者に届けることができます。

Vlogの要件に最適なカメラ


確かに CNETHERO9 Blackを「Best camera for vlogging wet-and-wild YouTube videos」に選出しました。しかし熱烈なVlog作成者はHERO9に決して満足していません。


  • HERO10 Black:最新のGoProは、箱から出してすぐにVlog撮影に使用できます。特にHERO10 Black + アクセサリーセットの場合は、スペアバッテリー、Shorty (ショーティー) 三脚、マグネティック スイベルクリップが付属します。


    HERO10ではHERO9 Blackと同じモジュラーを使用できますが、新しいGP2プロセッサーを搭載しているためスピードが2倍となり、使いやすさが増しています。


  • モジュラー:360度の驚異的なVlog体験を提供するには、Vlogセットアップを強化するように設計されたモジュラーをHERO10またはHERO9 Blackに使用することをお勧めします。メディアモジュラーは指向性マイクを追加できます。2つのコールドシューマウントはライトモジュラーの取り付けに最適で、補助光を加えることができます。さらに、ディスプレイモジュラーは特大サイズの2インチのVlog用ディスプレイスクリーンを追加できます。これにShorty (ショーティー) を加えれば、究極の撮影キットになります。

  • GoPro MAX:MAX (マックス) は、Vlog作成に最適なオールインワン撮影キットです。今までに類を見ないこの3-in-1カメラは、Vlog用デバイス、360度カメラに、従来のGoPro HEROカメラを1つのコンパクトなパッケージにまとめたものです。MAX (マックス) は、強力なMax HyperSmooth (マックスハイパースムーズ)ブレ補正、理想的な映像表現を可能にする4つのデジタルレンズ、簡単なフレーミングを可能にするフロントタッチスクリーン、ショットガンマイクのようなオーディオ性能を実現する6つのマイクを備える、完全なソリューションです。


The Current」で、GoProを屋外で使用するためのヒントやコツをさらに詳しく紹介しています。 
シェア
限定キャンペーンや最新情報を受け取る
登録することにより、GoProのプライバシーポリシーおよび利用規約に同意したものとみなされます。

© 2022 GoPro Inc. All rights reserved.

GoPro、HEROおよびそれぞれのロゴは、米国およびその他諸国におけるGoPro, Inc.の商標または登録商標です。その他すべての商標は各所有者に帰属します。