GoPro のイノベーター、クリエイター、360 度カメラ愛好家の皆さん、こんにちは。GoPro MAXエキサイティングなファームウェア アップデートのニュースがあります。本日、360 度ビデオ/写真の撮影機能に驚くべき新オプションを追加するアップデートをリリースしました。新機能として、360 度モードに 60 フレーム/秒での 3K 撮影、タイム ラプス ビデオ、タイム ラプス フォトが追加されました。

60 fps で 3K ビデオを撮影できるので、アクション志向のシーンやスローモーションでカッコよく見えるシーンにも対応できます。例えば、山道を疾走したり、フリスビーを投げるといった場面もお手のもの。2 倍スローモーション モードでは、アクションの最中にフレーム内でパンやズームをする時間が増えるので完璧なショットを捉えることができます。

また、今回のアップデートは 360 度のタイム ラプス ビデオとタイム ラプス フォトにも対応しています。この機能は、シングル レンズ HERO モードでご存知かもしれませんが、全天球撮影でも可能になりました。360 度モードでのタイム ラプス ビデオは、ユーザーがより長時間撮影するための間隔オプションが多くあるということです。想像してください。日の出、夕焼け、景色の良いドライブなど、MAX で撮影すれば 360 度のアドベンチャーを楽しめます。

タイム ラプス フォトの優れた点は、アクティビティ中にハンズフリーで 360 度写真を撮影できることです。このアップデートの前は、MAX ユーザーは 360 度写真を撮影する際にシャッター ボタンを押さなければなりませんでしたが、タイム ラプス フォト モードでは、撮影したすべてのショットの中から 1 枚の写真を選択したり、映像を使用して実際のタイム ラプスを作成したりできます。

「3K60 ビデオは、特に動きの多い場面の撮影や再生において多様性を高めます」とメディアのクリエイティブ ディレクターで GoPro の初期メンバーの 1 人でもあるエイブ・キスレヴィッツは述べています。「タイム ラプス ビデオとタイム ラプス フォトが追加されることによって、よりクリエイティブなコントロールが可能になり、長めのアクティビティや瞬間を撮影する際の選択肢が広がります。」

しかし、それだけではありません。今回の MAX のファームウェア アップデートでは、シングル レンズ HERO モードでのホライゾン レベリング機能が TimeWarp (タイムワープ) と写真モードにも拡張され、水平線を気にせず、より自由にマウントや撮影ができるようになりました。

MAX と GoPro アプリ (360 度コンテンツ用のワンストップ モバイル編集ツール) を組み合わせると、映像を洗練された画像に変換して編集することができます。さらに、ユーザーの皆さまからのご要望にお応えして。

MAX ファームウェアの更新は、GoPro アプリに接続して、画面の指示に従ってください。または、こちらの手順に従って手動で更新してください。