GoPro ラボの提供開始から 1 周年! 

2020 年 5 月に開始されたこのプログラムでは、GoPro のエキスパートやカメラの上級者向けに、社内のエンジニアが開発した未公開の実験的なカメラ機能へのアクセスを提供しています。それ以来、GoPro ラボの QR コードを利用した機能によって、驚くような瞬間が生み出されています。さらに、スケジュールキャプチャーなどの一部のオリジナル機能は、2020 年後半に発売された HERO9 Black の公式ファームウェアにも採用されています。

そして本日、サポートされる GoPro カメラのリストに HERO5 Session が加わりました。HERO5 Session で、GoPro ラボの QR コードを利用した制御コマンドを多数利用できるようになります。その一例をご紹介します。

  • 起動タイマーを使用してリモートで撮影を開始 
  • Protune (プロチューン) などのカメラのモードや設定を制御
  • お気に入りのモードをビジュアルプリセット/QR コードとして保存
  • カメラのスクリプト - 建設現場のタイムラプスを日中だけ撮影するなど
  • 所有者の情報で GoPro をパーソナライズ

GoPro ラボでサポートされるカメラの全リストは以下のとおりです。

  • HERO9 Black
  • MAX
  • HERO8 Black
  • HERO7 Black
  • HERO5 Session

上記のカメラで QR コードコマンドをお試しいただくには、カメラに最新の GoPro ラボファームウェア (GoPro.com/Labs から入手可能) をインストールしてください。

詳細については GoPro.com/Labs をご覧ください。

 

GoPro のウェブサイトを通して提供されるパブリックアップデートのいずれかをダウンロードすることにより、お客様はこちらに記載の参加規約 (「本規約」) に同意したものとみなされます。