今日の市場でも際立ってユニークな Quik (クイック)。その主な機能は次のとおりです。一見見慣れた機能もあるかもしれませんが、使い始めれば大幅なアップグレードを実感できます。また、まったく新しい機能も搭載されています。それぞれの機能をじっくり確認して、思う存分試してみてください!

1. Mural (ミューラル):スマートフォンのカメラロールという「ブラックホール」問題を解決するために、Quik は、残しておきたい瞬間が記録された写真とビデオをアプリ内のプライベート Mural フィードに保存します。

Mural に写真やビデオを追加する方法は、主に 2 つあります。

1) iOS および Android の共有シートを使用して、スマートフォン上の任意の場所からコンテンツを Quik に送信します。手順は次のとおりです。

  • スマートフォンで写真またはビデオを開きます。
  • 共有アイコンをクリックします。
  • 利用可能なアプリのオプションをスクロールして Quik を探します。
  • Quik アイコンをタップすると、その写真またはビデオが、選択した既存の Mural イベントに直ちに追加されます。

この時点で新しいイベントを作成することも可能です。また、複数の写真とビデオを選択して Quik に送信すると、このコンテンツのみを含めた新規イベントが作成されます。

GoPro テク:iOS ではスマートフォンの共有シートをカスタマイズしてQuik を一覧の先頭に表示することができます 。Android では使用状況に基づいて表示されるので、どんどん Quik に送信しましょう!

Quik の共有拡張機能を使用すると、スマートフォンのどこからでも写真やビデオを Quik に送信できます。

2) アプリ内の Quik メディアギャラリーからコンテンツを直接送信します。手順は次のとおりです。

  • 「メディア」で写真やビデオを選択します。
  • 右上のアイコンをタップして Mural イベントに追加します。
  • 各イベントが、カスタマイズ可能なハイライトビデオに自動的に変換されます。

GoPro テク:「メディア」のギャラリーは、「アプリ」、「クラウド」、「携帯電話」、「編集」の 4 つのコンテンツの保存場所によって構成されています。これらの 4 つの場所を使用して、Mural に写真やビデオを追加できます。

Quik にはパワフルで使いやすい、高度な編集ツールが搭載されています。

2.パワフルな編集ツール:「メディア」で写真やビデオを選択して鉛筆アイコンをタップすると、使いやすいツールが表示され、カラーや明るさの調整、ビデオの長さの編集、ステッカーの追加などを行うことができます。

3.新しいスピードツール:Mural や「メディア」からビデオを選択し、鉛筆アイコンをタップしてスピードアイコンを選択します。これで、1 つのビデオクリップに対して複数のスピード効果を適用できるようになります。1/2 倍スローモーション、通常速度、または最大 22 倍速まで切り替えが可能です。また、指定した長さでフリーズフレームを追加することもできます。

Quik では、次々と追加されるロイヤリティフリーの楽曲リスト、シーンに最適化されたフィルター、独自のハイライトビデオテンプレートを使用できます。

4.GoPro 独自のフィルター:Mural や「メディア」から写真またはビデオを選択し、鉛筆アイコンをタップすると、25 点のフィルターが表示されます。GoPro が独自に作成したこれらのフィルターは、雪、砂漠、水など、撮影時の環境に合わせて最適化されています。スクラブバーを使用して、選択したフィルターの強度を調整できます。 

5.プレミアムテーマ:Mural からハイライトビデオを選択して、あるいは「メディア」から新しいビデオを開始して鉛筆アイコンをタップすると、13 点のビデオ編集テーマが表示されます。各テーマは、テキストのオーバーレイ、トランジションの調整、楽曲の変更 (詳細は以下を参照)、長さの選択により、さらにカスタマイズできます。また、ソーシャルメディア、メール、または自身のデバイスなど、共有したいプラットフォームに合わせてフォーマットを選択することもできます。

6.GoPro オリジナル楽曲:編集内容は、GoPro が選定したロイヤリティフリーのトラックのビートにシンクされます。現在 18 曲のトラックが利用可能で、今後さらに追加される予定です。また楽曲は、愛、思い出、友人、旅行など、それぞれの雰囲気によって分類されています。

Quik のリリースの詳細についてはこちらでご確認いただけます。また、こちらをクリックすると、アプリをすぐにダウンロードいただけます。