現在、ビデオ会議へのニーズは高まっており、その目的も多岐にわたります。今回のアップデートで、HERO8 Black を高精細ウェブカメラとして利用できるようになりました。これにより、家庭教師や美術教師、シェフやシェフ志望者、そしてフィットネスインストラクターといった皆さんも、広角映像を簡単に共有して、自分の技能を視聴者に分かりやすく伝えることができます。また、HERO8 Black は高性能ウェブカメラとしても優れており、従来のウェブカメラよりも美しい映像で自分自身と周辺の様子を撮影することが可能です。

HERO8 Black を、頑丈で、取り付けにも便利な超高品質ウェブカメラとして利用するには、カメラをベータ版のファームウェアに更新して、新しいデスクトップユーティリティを追加し、USB-C コードを用意するだけで OK です。サードパーティー製アクセサリーは必要ありません。なお、GoPro Webcam デスクトップユーティリティは現在 Mac OS に対応しており、Windows 版は開発中です。

HERO8 Black をウェブカメラとして使用する方法についてはこちらで詳細な手順を紹介していますが、この記事でも GoPro Webcam の簡単な設定手順をご確認いただけます。

ステップ 1: デバイスを準備する

必要なもの:

1. HERO8 Black

2. USB-C ケーブル (GoPro の付属ケーブルなど)

3. コンピューター

4. GoPro のマウントオプション (ステップ 2 参照)

プロからのヒント: 初期設定では、HERO8 Black を更新するために microSD カードとカードリーダーも必要です。また、コンピューターに USB ポートが付いていない場合は、ドングルをご用意ください。

ステップ 2: 視点 (POV) を設定する

GoPro Webcam は既存の GoPro マウントすべてに対応するので、工夫を凝らしたさまざまな視点を楽しむことができます。マグネット付きスイベルクリップで GoPro をモニターに取り付けたり、デスクに Shorty (ショーティー) 三脚を設置したりすれば、ウェブカメラらしい映像が撮影できます。でも、せっかく GoPro を使うのですから、GoPro らしい撮影を楽しみましょう! クリエイティブに、楽しく、新しいことに挑戦してみてください。いくつかお勧めをご紹介します。

1. Jaws (ジョーズ) フレックスクランプ – このマウントは自由に折り曲げたり挟んで固定することができ、トレーニング中の自分の姿を確認したい場合などに、肩越しの映像を撮影することができます。

2. マグネット付きスイベルクリップ – このマウントのマグネットで創造性を発揮しましょう。車のボンネットからライブ配信してみるのはどうですか? 料理をしながら家族とお喋りするのもいいですね。マグネットは、レンジフードやさまざまな金属面にしっかりと固定できます。

3. サクションカップ – 上記の 2 つと同様、GoPro サクションカップも、窓やスチールラックなどの表面に吸着させて、他とは違ったウェブカメラの POV を提供します。

4. Gooseneck (グースネック) – Gooseneck を上記のマウント (またはお好きな GoPro マウント + クイックリリースベース) と組み合わせれば、さらに長く、さらに折り曲げ自在な延長アームの出来上がり。どんな場所にもカメラを固定することができます。どんなに届きにくくても、撮影できない場所はありません!

ステップ 3: HERO8 Black を更新する

1. HERO8 Black 用のベータ版ファームウェアをインストールします。ファームウェアはこちらから入手できます

ステップ 4: GoPro Webcam デスクトップユーティリティをインストールして起動する

1. GoPro Webcam デスクトップユーティリティソフトウェアをコンピューターにダウンロードします。ソフトウェアはこちらから入手できます

2. GoPro アイコンがステータスバーに表示されます。

ウェブカメラとして設定された GoPro HERO8 Black

ステップ 5: GoPro を接続する

1. USB-C ケーブルで、GoPro をコンピューターに接続します。

2. HERO8 Black が接続されて電源がオンになると、ステータスバーの GoPro アイコンに青い点が表示されます。この時、デフォルトでウェブカメラモードに設定されます。

プロからのヒント: GoPro を接続している USB ポートが 500 mA を超える電流を出力する場合、カメラにはコンピューターから電力が供給され、バッテリーは使用されません。

ステップ 6: 優先カメラとして GoPro を選択して映像を配信する

GoPro ウェブカメラの映像をプレビューするには、GoPro アイコンをクリックし、ドロップダウンで「プレビューを表示」を選択します。「ミラー」または「反転」で表示するオプションがあります。また、GoPro Webcam デスクトップユーティリティのデフォルト設定は 1080p30 で、すみずみまで鮮明に表示することができ、720p30 への切り替えも可能です。

1. 接続して GoPro アイコンに青い点が表示されたら、ビデオ会議プラットフォームを開き、優先カメラとして GoPro を選択します。

2. ビデオ会議に参加して映像が配信されると、GoPro アイコンに赤い点が表示されます。

ウェブカメラとして設定された HERO8 Black。

現在対応しているビデオ会議プラットフォームは以下のとおりです。

  • Zoom (v 5.0.5 以降)
  • Google Meet
  • Microsoft Teams
  • Skype
  • Twitch (OBS 経由)
  • BlueJeans
  • GoTo Meeting
  • Snap Camera
  • Facebook Rooms

Google Chrome ブラウザからアクセスする場合、以下のプラットフォームにも対応しています。

  • Zoom
  • YouTube Live
  • Webex

プロからのヒント: Chrome で GoPro Webcam をオプションとして認識するには、Chrome のメニューボタン (右上隅) をクリックして、「設定」 > 「プライバシーとセキュリティ」 > 「サイトの設定」 > 「カメラ」 の順に進み、使用するカメラとして GoPro を選択します。

GoPro HERO7 Black 以前のモデルの GoPro カメラをウェブカメラとして使用する方法

HERO8 Black より前のモデル (HERO7 Black、HERO6 Black、HERO5 Black、HERO4 Black) をお使いの場合は、次の手順を実行してください。これらの GoPro カメラをウェブカメラとして利用するには、サードパーティー製アクセサリーが 1 点以上必要となりますのでご注意ください。以下の「プロからのヒント」でお勧めしている内容を参考にしてください。

ステップ 1: デバイスを準備する

1. HDMI 出力用のマイクロ HDMI ポートを搭載した GoPro

2. HDMI-マイクロ HDMI ケーブル

3. HDMI-USB ビデオコンバーター

プロからのヒント: Magewell または Elgato Cam Link 4k のご使用をお勧めします。1080p 60 fps での低遅延のストリーミングが可能で、送信されるライブビデオの遅延が最小限に抑えられます。

このドングルは、HDMI 入力をウェブカメラの信号に変換するためのコンバーターとして機能するため、必ずご用意ください。

4. USB 充電コード + 電源

5. GoPro のマウントオプション

ステップ 2: ストリーミングツールを決定する

ストリーミング元のカメラを選択できる任意のビデオ会議ツールで、GoPro をウェブカメラとして設定できます。これには、Webex、Zoom、Microsoft Teams、Skype、Google Meet、OBS、Wirecast が含まれます。

ステップ 3: GoPro をウェブカメラとして設定する

カメラの設定 

  1. GoPro カメラの電源をオンにします。
  2. 下にスワイプして、「ユーザー設定」を選択します。
  3. 下にスクロールして、「入出力」を選択します。
  4. 「HDMI 出力」を選択して「Live」に変更します。

ハードウェアの設定

  1. GoPro をマウントします (推奨マウントについては上記を参照)。
  2. GoPro のサイドドアを開き、ポートにマイクロ HDMI を挿入します。
  3. ビデオキャプチャデバイスに HDMI 側を接続します。
  4. HDMI-USB コンバーターを接続してコンピューターに挿入します。
  5. GoPro を電源に接続します。

ビデオの設定

オプション 1: ビデオ会議ソフトウェアを設定します。

  1. Skype: 「設定」 > 「音声/ビデオ」 > 「カメラ」の順に移動します。
  2. Webex: ビデオアイコン > 「ビデオ接続」の順に選択し、ドロップダウンをクリックしてお使いのカメラを選択します。
  3. Zoom: 「ビデオの開始/停止」の横にある矢印 > 「ビデオ設定」の順に選択し、カメラを変更します。
    • Zoom Room で 2 台以上のカメラが使用可能な場合は、「カメラの切り替え」をタップしてリストから選択することで、アクティブなカメラを動的に選択することができます。

オプション 2: OBS などの設定:

  1. Streamlabs OBS またはその他の OBS を開き、ワークフローに従ってビデオソースを追加します。
    • OBS では、ビデオソースメニューの「+」をクリックします。
  2. ビデオキャプチャデバイスを選択します。
  3. 「新規」で作成し、ビデオソースに名前を付けます。
  4. ドロップダウンメニューでハードウェアを選択し (Cam Link 4k など)、「OK」をクリックします。
  5. GoPro がウェブカメラとしてディスプレイに表示されます。

プロからのヒント: GoPro は HDMI 出力を介して最大 1080p 60 fps でストリーミングしますが、ほとんどのストリーミングサービスは 1080p30 までとなっています。それでも、高品質で鮮明なストリーミングをするために、適切な照明を使用してください。

ステップ 4: これで、GoPro Webcam を使用する準備が整いました。

なお、ウェブカメラとして使用するのに最適な GoPro カメラは、マイクロ HDMI ポートを備えた機種となります。HDMI 出力のない GoPro カメラ (360 度カメラの MAX (マックス) や Fusion (フュージョン) または超小型の Session (セッション) カメラなど) はウェブカメラとしては機能しませんのでご注意ください。

ウェブカメラ対応の GoPro の全リストは次のとおりです。

ワイヤレスで映像を配信したい場合は、GoPro HERO8 BlackHERO7 BlackMAX カメラで、以下のプラットフォームに直接ライブストリーミングすることが可能です。

  • Twitch (新規追加)
  • YouTube
  • Facebook プロフィール
  • Facebook ページ

RTMP を経由すれば、以下のプラットフォームにもライブストリーミングを行えます。

米国で互換性のあるプラットフォーム:

  • Workplace by Facebook
  • Facebook グループ
  • Twitch
  • Vimeo

中国で互換性のあるプラットフォーム:

  • Huya
  • DouYu
  • Bilibili
  • Inke

ライブストリーミング用のアクションカメラについて詳しく知りたい場合は、GoPro を使用してライブストリームを設定する詳細な手順をご確認ください。