ニュース

第4回ミリオンダラーチャレンジのビデオを公開

12月 16, 2021

シェア

ついに発表!第4回ミリオンダラーチャレンジのビデオと、受賞した62人のクリエイターの皆様をここに発表いたします。今年は70本の作品が最終選考に残り、20カ国62人のクリエイターが、応募に対する賞金として1人あたり16,129.03ドルを獲得しました。


ミリオンダラーチャレンジへの募集は、9月16日のHERO10のローンチと同時に開始され、11週間後の12月2日に締め切られました。募集内容は、映画レベルの表現で見る人を魅了すると同時に新しくなったHERO10 Blackの特長も強調するような映像を撮影し、GoProアワードに送るというシンプルなものです。一人が応募できるビデオクリップの数に制限はありません。ただし、文字列の追加は禁止です。 


最終的には世界中から約28,000のクリップが集まり、131カ国の人物や風景が映し出されました。GoProチームでは、アルバニア、アンドラ、ザンビア、ジンバブエなどの国々からの230時間以上に及ぶビデオクリップを慎重に審査しました。 そして本日6:00 (太平洋時間)、素晴らしいクリエイターの皆さんが朝、目を覚ますと (あるいは眠らないまま)、自身の作品がHERO10 Blackミリオンダラーチャレンジのハイライトビデオに採用された事実を知ることとなったのです。

「62人の素晴らしい才能を持つクリエイターの皆様、おめでとうございます。今年のミリオンダラーチャレンジのハイライトビデオは、熱い気持ちを呼び起こすものばかりでしたが、それはクリエイターの皆様の驚異的な運動能力やスタントだけが理由ではありません。何と言っても、ビデオクリップの色彩とクリエイターの皆様自身が、これまでにないほど輝いていたからです」と、GoProの創業者兼CEOのニコラス・ウッドマンは語ります。「皆様とHERO10 Blackのおかげで、これまでで最も感動的な、UGC100%のハイライトビデオをお届けすることができました。皆様のご協力に感謝します」


お待たせしました! 今回受賞されたクリエイターは以下の皆様です。

今年の応募作品の目を見張るような映像は、新たなGP2プロセッサーによって実現された、HERO10 Blackの5.3k60 (2倍スローモーション)、4k120 (4倍スローモーション)、1080p240 (8倍スローモーション)、次世代のHyperSmooth (ハイパースムーズ) 4.0、23MP写真によってもたらされました。また、GP2がカメラの動作速度と操作性を劇的に向上させるため、HERO10 Blackはすべての面においてこれまでになく高速化されています。さらに、標準搭載されているHERO10 Blackカメラレンズから簡単に交換できるMax (マックス) レンズモジュラーは、かつてないほど広角で臨場感あふれる視野を実現するMax SuperView (マックススーパービュー) に加え、Max HyperSmooth (マックスハイパースムーズ)、360度完全対応の水平ロックなどの機能をHERO10 Blackにもたらします。 


HERO10 Blackミリオンダラーチャレンジのビデオは、こちらからご覧いただけます。思わず息を飲むような作品の数々をご堪能ください。