ニュース

バッテリー搭載コントロールグリップ「Volta」が付属し、機能が強化されたHERO10 Black Creator Editionが新登場

3月 31, 2022

シェア

HERO10 Black Creator Editionは、エミー賞受賞のHyperSmooth 4.0ブレ補正機能、プロレベルの5.3Kビデオ撮影能力、強化された指向性オーディオ、LEDライトモジュラー、Voltaバッテリーグリップを備え、「片手で持てるハリウッド」を実現しています。


Voltaグリップは、便利な三脚デザインに片手で簡単に操作できるカメラボタンを搭載し、HERO10 Blackで4時間以上の5.3Kビデオ撮影を可能にします



本日、GoProは、HERO10 Blackカメラのスペシャルエディション、Creator Edition (クリエイターエディション) を発表しました。エミー賞受賞のHyperSmooth 4.0 (ハイパースムーズ4.0) ブレ補正機能、映画のように鮮明な5.3Kビデオ撮影能力、新しいバッテリー・カメラコントロールグリップ「Volta」をベースに備え、一日がかりの撮影を可能にします。 


GoProのCEO兼創業者、ニコラス・ウッドマンは次のように述べています。「HERO10 Creator Editionは、言わば片手で持てるハリウッドです。Vlogや映画制作、さらにはライブストリーミングでプロ並みの撮影を行うことができます。」 「予備バッテリーやギアは家に置いたまま、Creator Editionだけで、映画レベルのビデオを長時間撮影できます。GoProのバッテリー切れより先に、自分の疲れと空腹の方が気になるでしょう。」

HERO10 Black Creator Editionは、4つのプレミアムなGoPro製品を1台のオールインワンコンテンツ撮影デバイスに集約し、76,500円を下回るお求めやすい価格で提供している製品です。

  1. HERO10 Black:エミー賞受賞のHyperSmooth 4.0ビデオブレ補正、プロ品質の5.3Kビデオ、最大8倍のスローモーション、魅力的なTimeWarp 3.0 (タイムワープ3.0)、23MP写真など。
  2. Voltaバッテリー・リモートコントロールグリップ:4時間の4Kビデオを30フレーム/秒で撮影可能。内蔵のカメラボタンを使えば、カメラを片手で操作できます。Voltaを取り外して最大30mの距離からワイヤレスリモートコントローラーとして使用することもできます。
  3. メディアモジュラー:オーディオを強化する内蔵指向性マイク、2つのコールドシューマウント、3.5mmマイクポート、HDMI出力用ポート。
  4. ライトモジュラー:4段階の明るさ (最大200ルーメン) のパワフルなLED照明。


Creator Editionは、GoPro.comの発送対応国ならどこでも購入できます。GoProサブスクユーザー価格は76,470円、メーカー希望小売価格は99,260円です。リリースの時点で、新規サブスクユーザーは、Creator EditionとHERO10 Blackのプロモーションを組み合わせて合計71,270円でご購入いただけます。

まったく新しい汎用バッテリーグリップ「Volta」:


Volta ならバッテリー切れを気にすることなく、長時間撮影できます。このスタンドアロンプレミアムバッテリーグリップの特徴は以下のとおりです。

  • 5.3Kビデオを30フレーム/秒で4時間以上撮影:内蔵の4900mAhバッテリーは、お使いのカメラの標準バッテリーと組み合わせると寿命が3倍になります。解像度を下げればさらに長時間の録画が可能です。
  • グリップ一体型のカメラボタン:GoProをグリップに取り付けた状態で、片手で簡単に操作できます。
  • ワイヤレスリモートコントローラー:Voltaを取り外して、カメラのリモートコントローラーとして使うことも可能。最大30mの距離から集合写真やセルフィーをリモートで簡単に撮影できます。
  • 三脚を内蔵:三脚でカメラを固定すれば、長時間のタイムラプスや固定ショットなども思いのままです。
  • 全天候型: 小雨や小雪にも対応します。
  • 環境への配慮:プラスチック部品の35%に再生材料を使用しています。


VoltaはHERO9 Blackにも対応しています。また、GoPro MAXや旧モデルのGoProカメラなどのUSB-C互換デバイスを充電できます。


Volta は世界各国で購入できます。GoProサブスクユーザー価格は11,550円、メーカー希望小売価格は16,500円です。

シェア