GoProヒント

文句なしの2022年ベスト水中カメラ

6月 30, 2022

シェア

サーファー、スイマー、シュノーケラーにとっても、海の玄人やただ海が好きな人にとっても、ウォーターアクティビティをシェアするための究極の方法は、最高の水中映像を撮影することです。もちろんそれには水中カメラが必須であり、より美しい映像を実現するのが 深く沈んでも真価を発揮する水中カメラ、すなわち GoProです。


防水性能を備えたGoPro


HERO10HERO9 Blackも、GoProカメラはそのままで水深10mまでの防水性能を備えているため、追加のギアなしでサーフィンやシュノーケリング、遊泳、さらにはダイビングに活用できます。ハンド + リストストラップで装着して美しい湖にダイブしたり、サーフボードカメラマウントでサーフボードにマウントしたり、The Handler (ザ ハンドラー) に取り付けて潜ったりなど、自撮り棒やフロートデバイスで完璧な水中ショットを撮影できます。


GoProの水中カメラアクセサリーを装着し、さらに深くまで


GoProは、水深10m近くの深さまで連れていくことができます。HERO10 & HERO9保護ハウジング + 防水ケースは、水深60mまで対応しています。さらに、GoProカメラをゴミや異物からも保護してくれるため、水から上がってすぐにオフロードのアクティビティを撮影する場合でも設定を変更する必要はありません。


水中には潜らず、サーフィンのような激しいアクションの水上スポーツを楽しむときは、HERO10 & HERO9 Floaty (フローティー) を使えばGoProを見失うこともありません。見つけやすくするために鮮やかなオレンジ色をしており、水に浮くように設計されています。また、パッドで保護され、流れ止めコードポイントもあるため安心です。バイトマウントに取り付ければ、最高の水中POVショットを撮影できます。

水中フィルターで、ありのままの風景を映像に残す


水中での撮影は光が少ないため、科学の法則で、写真やビデオに映る色が実際のものと違ってしまうことがあります。しかしGoProの水中カメラは、この現象を2つの方法で補正します。1つ目の方法として、HERO10 BlackHERO9 Blackはともに、高度な処理によってホワイトバランスの改善と色の補正を自動で行います。


ただし、水深10mを超える深さでは、色のバランスを維持するためのさらなる手段が必要となる場合があります。そこで2番目の方法として登場するのが、PolarProダイビングエキスパート用フィルターキットです。このキットは、水中用ハウジングを装着したGoProでの撮影に使用するための、青色、緑色、浅瀬の水中用の3つのフィルターを備えています。これらのフィルターにより、目で見る印象と変わらない鮮やかな水中の色を撮影できます。

水中ショット向けの推奨設定


水中に潜る前に、プリセットの内容を調整し、画面をロックしておきましょう。あとはGoProにすべてお任せです。 


上のビデオで、GoProファミリーのジェイク・リッチからの水中撮影での推奨設定のアドバイスを視聴できます。水中撮影では、シャッター速度とISOはその場の光量次第となります。最も手軽な設定として、まずは次のような設定から始めてみましょう。


  • シャッター速度:低めのシャッター速度とし、より多くの光を取り入れる
  • ホワイトバランス:ネイティブ
  • 最小ISO:400
  • 最大ISO:800
  • シャープネス:中


Quik (クイック) とGoProサブスクリプションでプロ並みのコンテンツ管理


コンテンツのプレビューも編集も、後まわしにする必要はありません。無料のQuik (クイック) アプリをダウンロードすれば、コンテンツのプレビュー、編集、管理や設定の変更をその場で行えます。GoProのプロを目指しているのなら、GoProサブスクリプションをお勧めします。自動アップロード機能付きの無制限クラウドバックアップ、理由を問わないカメラの交換補償、GoPro.comでの購入が最大50%オフなどの特典をご利用いただけます。


水中ショットに関するGoProエキスパートからのヒントシュノーケリングでのさらなるヒントもご覧ください。

シェア
限定キャンペーンや最新情報を受け取る
登録することにより、GoProのプライバシーポリシーおよび利用規約に同意したものとみなされます。

© 2022 GoPro Inc. All rights reserved.

GoPro、HEROおよびそれぞれのロゴは、米国およびその他諸国におけるGoPro, Inc.の商標または登録商標です。その他すべての商標は各所有者に帰属します。