GoProヒント

最高のトラベルバックパック:2022究極ガイド

4月 07, 2022

シェア

旅行中には、持ち物を整理して安全に保管でき、天候をものともせず躊躇なく出かけられるバックパックが必要です。このトラベルバックパックはGoProユーザーに最適で、あらゆるアドベンチャーのパートナーをこなすと同時に、その瞬間に集中するのを助け、安心感をもたらします。


優れたトラベルバックパックに必要な機能


GoProカメラを持ち歩く旅行者は情熱や目的がそれぞれ異なるため、求めるバックパックも違ってきます。しかし、優れたトラベルバックパックはあらゆるニーズに対応します。ここからは、トラベルバックパック探しにおいて譲れない仕様をいくつかご紹介します。


抜群の収納スペース


熟練の旅行者は経験を重ねるにつれて軽装にするコツを覚えてゆくものですが、それでも収容力のあるバックパックは必要です。長旅になるほど、(GoProカメラも当然含めて) 持ち歩く装備のために必要なスペースが増えます。

容量32Lと余裕たっぷりのGoPro Weekenderバックパックは、日帰りや数泊の遠出にぴったりです。重量はわずか1.13kgで、負荷を減らすための洗練されたデザインになっていますが、十分な量の衣服やギアを収納できます。靴や汚れた服など分けておきたいもの向けの防水ポーチも備えています。

Stashロールトップバックパックは重量454gとさらに軽量ながら、29Lの容量が確保されています。柔軟性が高く人間工学に基づいたバックパックで、徒歩や自転車のようなアクティブな旅行のパートナーに最適です。


GoProテク:長期間の旅に出るときは、Stashのロールトップを巻いてコンパクトにすると、他のバックパックに楽々収まります。デイバッグとしても使用できます。

ビーチや水辺で過ごすなら、35LのStorm Dry防水バックパックがぴったりです。通常の防水バッグとして機能するのはもちろん、携帯性に優れたバックパックとしても使えます。


調節可能なコンパートメントとポケット


このトラベルバッグはコンパートメントが適切に配置されているため、収納が簡単で、必要な物をストレスフリーですぐに出し入れできます。GoProのバックパックやトラベルバッグは、旅行者や過酷なスポーツの愛好家のさまざまな収納ニーズに合わせて作られています。収納する荷物とそれに最適な製品は以下のとおりです。


GoProのバックパックは、ストラップに付いているGoProカメラ用ショルダーマウントを使ってハンズフリー撮影ができ、移動中でも (驚異的なPOVから) 録画を続けることができます。

機内持ち込み対応


最近の航空会社は無料で機内に持ち込める手荷物の数を減らす傾向にあり、旅行の際には持ち込む手荷物の重さとサイズを各社の制限範囲内に収めることが必要になってきています。WeekenderバックパックからMissionバックパックダッフルバッグまで、GoProのトラベルバッグ製品は機内持ち込み対応で、嵩を最小限に抑えつつ携帯性を最大限に高めており、たいていの航空会社の許容寸法に問題なく収まります。


バックパックとGoPro


優れたトラベルバックパックに欠かせない装備をおわかりいただけたと思いますが、綿密に設計されたGoProトラベルバッグの中から自分に適したものを選ぶのは、やはり簡単ではないかもしれません。旅行者向けのGoProバックパックには快適性、実用性、装着感にそれぞれ違いがあり、これ以上は皆様ひとりひとりの旅行形態に応じて違ってきます。自分に欠かせない仕様が何かを把握し、GoProのトラベルバックパック&バッグの各製品をじっくり比較して、ぴったりの製品をお選びください。
シェア
限定キャンペーンや最新情報を受け取る
登録することにより、GoProのプライバシーポリシーおよび利用規約に同意したものとみなされます。

© 2022 GoPro Inc. All rights reserved.

GoPro、HEROおよびそれぞれのロゴは、米国およびその他諸国におけるGoPro, Inc.の商標または登録商標です。その他すべての商標は各所有者に帰属します。